えっ私の借金こんなに減るのっ!?

 

それなら、まずは

借金減額シュミレーター

自分の借金がどれだけ減るか確認しましょう!

 

 

 

 

 

借金の整理を終えた人の多くがこう言います。

 

 

 

【借金整理の事例】

借金問題はその人によって原因・金額・状況も様々。専門家に相談することで、個人の力ではどうにもならなくなった借金問題を、適切な方法で解決することが出来たのです。

 

 

 

【でも…1人で抱え込むケースがほとんど】

しかし…借金に悩む方の9割以上の方が誰にも相談することなく一人で抱え込んでいます。
なんとなく『このままじゃどうにもならない…』と分かってはいるものの誰にも相談出来ずにいるんです。

 

《注意!債務整理に関する間違った知識》

 

”専門家への相談=自己破産”と考えている人が多いですが、これは間違い。自己破産は債務整理の最終手段であり、それをいかに避けられるかが専門家の腕の見せ所となります。特に家を手放したくない、保証人に迷惑をかけられないなどの事情がある方は手遅れになる前に相談しましょう。

このような誤った知識の為に専門家にアドバイスを受けるのを後回しにしている方も多いようです。そして、本当の意味で“どうにもならなくなった”時に初めて相談するのです。『もう少し早く相談してくれれば任意整理で解決できたのに、自己破産しか道がない』こんなケースは珍しくありません。

 


 

借りたお金を返したいと思うのは立派ですが、
それによってアナタの生活・人生が悲惨なものになってしまうかもしれません。
そのような事態に陥らないように借金の整理をすることは全国民に認められた“権利”です。

終わりのない借金生活から抜け出す為の一歩目を知るためにも
まずは借金減額シュミレーターを利用しましょう。

 

 

【管理人談】
借金を完済したから分かること…

 

偉そうなことを書いていますが、何を隠そう私が債務整理の経験者です。
そんな私だから言えることは『借金生活中は自分が思っているほど冷静ではない』ということです。債務者からの取立て、返済の為の金策に追われた状態ではまともな判断が出来ません(本人は出来てるつもりでも)。何をしていても頭のどこかで借金のことを考えてしまっている自分がいました。

 

そのことに気が付いたのは取立てが来なくなったからです。専門家に相談すると債務者とのやり取りは全て専門家経由になるため、それまで毎日のように来ていた取立ての連絡がなくなりました。たったそれだけのことですが、毎日の生活がいかに追い込まれていたかを自覚しました。

 

借金問題で専門家に相談することに”恥ずかしい”という気持ちがあるかも知れません。私自身がそう考えていました。ですが、債務整理とは人間の敗北を決定する制度ではありません。人間が再出発するための制度なのです。人間らしい生活を取り戻す為にも一歩目の勇気が必要です。